編物

ハーフミトンを素敵にハンドメイド

投稿日:

初めてでも編めたハーフミトン(指なし手袋)の紹介です

秋も深まってきました。

どんな冬が、訪れるのでしょうか?

今から、防寒グッズの準備はいかがですか?

従来なら、冬を前に手織りのマフラーづくりに精を出す時期ですが、今回は、編物に取り組んでみました。

目次

1.使用したテキスト紹介

2.ハーフミトンの作り方

3.応用作品

4.まとめ

1.使用したのは、NHKテキスト『すてきにハンドメイド』です。

『すてきにハンドメイド』参照

NHKテキスト『すてきにハンドメイド』を参照して作成しました。

先日、NHKテキスト『すてきにハンドメイド』(2017年版・11月号)を開いたら、ハーフミトンの編み方が掲載されていました。

このNHKテキスト『すてきにハンドメイド』は、毎月発行されていて、テレビでの放映と連動しています。

2017年版・11月号ですから古いテキストになりますが、今でも、バックナンバーとして、手に入るかもしれません。

●アンコール放送 スマホも打てる!北欧テイストのハーフミトン 作り方といったタイトルになっています。

そうなんですよね! 手袋をしていると、財布からお金を出すときやスマホを使うときに、いちいち手袋を外すことになり、面倒ですよね。

こんな時に、手袋をしたまま、指先が使えるハーフミトンは便利です。

さあ、そんなに便利なハーフミトンを自分で作ってみましょう!

テキストを開けると、誰にでも編めそうな編み図です。

手元には毛糸がたくさんあります。早速、取り掛かりました。

2.ハーフミトンの作り方

先ずはダイヤ柄のハーフミトンを編みます。

  • 材料 : 並太毛糸 紺40g 白15g
  • 4号4本短棒針(1目ゴム編み用)
  • 5号4本短棒針(編込み模様用)
  • 毛糸用とじ針  作り目用4号長針(短棒針使用可)

 ●編む手順

Ⅰ手首部分を編む

①作り目:一般的な作り方で作り目48目を作ります。

⓶4号針3本に作り目を16目ずつに分けます(1段目)。

③4本目の針で手首の部分を1目ゴム編み(表目+裏目)を輪に編みます。

④手首部分の出来上がり : 1目ゴム編みで23段編みます。

Ⅱ手のひらと甲を編む

手の平・甲 : 編込み模様を編みます。

①手首部分のゴム編みが終わったら、5号針にかえ、メリヤス編みを一段編みます。

②2段目からは、左手の人差し指に青と白の糸をかけ、下図の配色で編込み模様を30段編みます。

③図を参照して、16段目まで編みます。17段目が親指の位置になります。

④親指の位置は、左右のミトンで変わります。右側が26目~33目、左側が41目~48目になります。

⑤17段目の親指の8目は別糸に取り、休ませます。 

⑥18段目の親指の目は、8目巻き目を作り、編込みを続けて編みます。

Ⅲ指先を編む

指先 : 手中の編込みが終わったら指先を編みます。

4号針にかえ、1目ゴム編みを5段編みます。

Ⅳ親指を編む

親指 : 17段目に休ませていた8目を4号針に取ります。

①さらに34目に針を入れ、糸を引き出して1目と巻き目の根元の穴に針を入れ、糸を引き出して1目ります。

②巻き目で7目編み、さらに25目の部分に針を通して、糸を引き上げます。

③親指の目数は8+1+1+7+1で16目になります。6目ずつ3本の4号針に分け、10段編みます。

※ゴム編みの最後は伏せ目にして、糸を切りチエ―ンつなぎをして、糸端を始末します。ゴム編みの始まりも糸を編み目に通して糸端を始末します。

出来上がりました!!

3.応用して模様を入れないハーフミトンを作りました

応用編です。

糸の良さを生かして、ゴム編みとメリアス編みだけで編みました。

材料

糸 : 野呂栄作作のシルクガーデン(グラデーション)            シルク45% モヘア45% ウール10%

模様なしですから、目数と段数さえ覚えれば、編み図なしでも編めます。画像だけで紹介します。

使用している毛糸は、野呂栄作・シルクガーデンですから、毛糸の染めや感触が優れています。

模様が無くても、グラデーションを生かして編み進むと、素敵な配色が出来上がりました。

ただ、好みによると思いますが、左右の配色が異なって出てきます。

毛糸自体は、1本の糸で出来上がっている雰囲気を十分に出していますので、左右が違ったミトンだとは感じられません。

と言うことで、グラデーションの糸で仕上がっていますが、出てきた色合いが違います。

とても暖かい雰囲気のハーフミトンが出来上がりました。

糸が並太毛糸よりも大きくて、その分作品も大きくなりました。

でも、シルクとモヘア、ウールといった材料なので、手とミトンの間の空間は、温かく、心地よい仕上がりです。😂

4.まとめ

編み図まで掲載しました。

どうでしょうか?この文章だけで完成させることができますか?

ちょっと心配かなあ・・・ 全体図を入れておきます。

上記の手書きの図を参照して、全体図から目数と段数を覚えて編み始めてください。

このブログではダイヤ柄で紹介していますが、まず手始めには模様なしで編んでみましょう。

応用編で紹介していますように、グラデーションの毛糸を使うと、楽しい配色になり、思ってもいなかった絵柄にもなり、仕上げた喜びが倍増しますよ。

頑張って、模索して(?)仕上げてくださいね。

その結果、テキストを参照して仕上げた作品でも、自分だけの作品になります。

自作の防寒グッズで冬を温かくお過ごしください。


私は、作品に使う材料を楽天市場で購入することが多いので、ご紹介します。

これから、物づくりを楽しみたいと考えておられる方には、まず、キットからの取組みもお勧めします。

【楽天市場】毛糸のマフラーや帽子を手編みしたい方。編み図付きキットが盛りだくさん

NHKテキスト『すてきにハンドメイド』参照

-編物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

干支キットの『福福 飾り牛』を作ってみた

来年の干支は丑です。 そこで、丑の編みぐるみを干支キットを使って作ってみました。 楽天市場 あみぐるみキット干支キット キットを使うと手軽にできるし、短時間で仕上げる事ができると考えて、制作を開始しま …