ショール 手織り

透かし織り模様の夏糸ショールの作り方

投稿日:

透かし手織り模様を入れて夏糸ショールを作りました

今年も暑い夏になりそうです。

あの強い日射しの攻撃をどのように防ごうと思われていますか?

頭は帽子をかぶる。

腕は、腕用手袋を使う。

もっとも無防備な状態になる首筋は、どのように守りましょうか・・?

そこで、お勧めなのが夏用マフラーです。

暑いのにどうしてマフラーなんかするの!ってお考えですか?

これがとても効果的なんです。

夏用マフラーやショールは、コットンや麻を材料にして作りますから、汗をかいたときには、汗を拭くことができますし、その後は、洗濯して清潔に使えます。

さらに、夏のおしゃれとしても、高い効果が狙えます。

こんな提案がしたくて、久しぶりに夏用ショールを作りました。

その様子を、話題にしたいと思います。

目 次

1.道具と素材について

2.デザインは透かし織りを模様にする

3.制作過程

4.まとめ

1.道具と素材について


先ず、道具は機織り機を使います。

機織機と言うと、部屋いっぱいの大きさを考えますが、現在は、卓上に置いて使えるコンパクトな織機があります。

机や作業台に置いて、手軽に作業が出来ますのでお勧めです。

私が使っているのは、オープンリードの織機です。

楽天市場 さきおり手織り機/Clover(クロバー)手織り機咲きおり

卓上式 オープンリードです。

大きさとして幅40㎝と60㎝があります。

最初だからと40㎝を選びましたが、ショールなど幅広の物を作りたくなり、60㎝が必要になりました。

最初から60㎝を選ぶ方が賢明です。

道 具

織機:卓上式 オープンリード  Clover 咲おり 40㎝ソウコウ:30羽
材 料糸:中細混紡糸    5玉
サイズ織りサイズ:幅36㎝×長さ160㎝(房の長さ10㎝×2は含まない)

2デザインは透かし織りを模様にする

夏ですから暑苦しいデザインは、避けたいと思います。

肝心の首筋の周りをしっかり覆い、日射しを避けることと汗取りを目的にデザインを考えます。

首筋の周囲の織り地は、平織りで織り、それ以外の部分は模様が重なって厚地にならないようにします。

選んだ模様は、透かし織りです。

上記のサイズの全体図で模様の部分に、透かし織りを入れていきます。

画像は、整経台から外した作品です。

この模様を主に考えて織っていきます。

3.制作過程

1.道具と材料の画像で、使用する物を明示しました。

整経台・30羽ソウコウ・シャトル・クシ・スティック・ワープスティック・マジックテープ・ハサミ・定規・・・

たて糸とよこ糸の必要量を計算してみましょう。

⒈たて糸

①たて糸:中細混紡糸

②密 度:30羽ソウコウの場合は3本/㎝

③たて糸の本数:36㎝×3本=108本

④たて糸の長さ:160㎝+50㎝(ムダ糸)=210㎝                  210㎝×1.1(縮む分)≒2.4m

⑤たて糸の量:2.4m×108本=259.2m

⑥たて糸は整経台の穴、中央の穴からサイドの穴は20㎝ サイドからサイドまでは40㎝の長さとして、1本240㎝の長さで108本かけます。

1図
2図

 

1 ●ソウコウから中央の穴まで20㎝+中央の穴からサイドの穴まで20㎝

  ●スティックのサイドからサイドまでの長さは40㎝。1図は、1本のたて糸の長さを(20㎝+20㎝+40㎝+40㎝+40㎝+40㎝+40㎝)を示しています。

2図は、たて糸が全てかかった状態です。

この時、たて糸の端はオレンジ色のホルダーで挟み込むようにフロントローラーに取り付けます。


竿ソウコウからフロントローラーに取り付けたたて糸の張りの強さは、均等にします。

たて糸がかかったら織り始めましょう。

2.よこ糸

①よこ糸;中細混紡糸

②密 度:35段/10㎝(平織りの部分)

③よこ糸の段数:140㎝×35段=490段(平織りの部分)                   19段×2か所=38段                                   490段+38段=528段

④よこ糸の量:幅36㎝×528段≒191m    191m×1.1=210m

3.よこ糸の織り方

                      ↓             ①フロントローラーと織り始めのソウコウの間の5㎝ほどのたて糸は、房になる部分です。

②棒状に折った紙をたて糸に通して、たて糸と一緒にフロントローラーに巻き込みます。

③織り始めます。ほつれ止めを別糸で3段織ってから、中細混紡糸で平織りを5㎝織ります。

※平織りの部分は、強く打ち込み過ぎないようによこ糸の密度に注意します。打ちこみが強すぎると糸の間が狭くなり、途中で糸が足りなくなり、出来上がりサイズが短くなります。

④5㎝の平織りの最後は、一番右のたて糸がよこ糸の下を通っている状態で終わらせます。


 

⑥最初の透かし織りを織ります。透かし織りは、隣り合う2本のたて糸を絡めて、模様にします。


 


⑦最初の透かし織りは、1本右回りで絡ませます。                                                                                                                            

  4   3   2    1

 ●隣り合う1番の糸と2番の糸を絡ませます。2番の糸が1番の糸の下を通って上糸になり、その隙間によこ糸を通します。

●平織りを2段織ります。
⑧2番目の透かし織りは、1本左回りで絡ませます。

●隣り合う1番の糸と2番の糸を絡ませます。1番の糸が2番の糸の下を通って上糸になり、その隙間によこ糸を通します。

●平織りを5段織ります。

 


⑨3番目の透かし織りは、2本右回りで絡ませます。

●1,2,3,4の4本並んだたて糸で1組の模様を作ります。3,4の糸が1,2のの糸の下を通って上糸になり、その隙間によこ糸を通します。

●平織りを5段織ります。

 


⑩この後は、⑧を織り、最後に⑦を織りますと透かし織りの1模様ができました。

⑪透かし織りが終わると平織りを110㎝織ります。

 


⑫ ⑪の平織りが終わると2個目の透かし織りを、⑦、⑧、⑨、⑩の手順で織ります。

⑬片方の透かし織りが終わると、平織りを25㎝織ります。ここで、本体は出来上がりました。

⑭残ったたて糸をバックローラーから切り離します。

 


⑮ショールが整経台から、切り離されました。

⑯房を整えます。房は4本ずつのネクタイ結びで整えます。

 


⑰全ての房をネクタイ結びをしたら、10㎝の長さに切り揃えます.


⑱房ができました。


⑲最後は、柔軟剤を加えた40℃のお湯に30分つけ、ネットに入れて脱水してから、乾かします。


⑳仕上げに軽くアイロンをかけて、整えます。

完成しました!!

 


4.まとめ

夏糸ショールが出来上がりました。

透かし織りの模様を両端に入れました。

夏用ということで、模様で織りが重ならない柄にしました。

反面、首筋の部分は、日射しを遮ること、汗を吸うことを考慮して、平織りにしました。

平織りの部分は、引き締め過ぎないように注意しましたので、柔らかい織り地に仕上がっています。

全体的に、透かし織りの模様が入っていますので、涼しさが感じられるショールになっています。

これからの強い日射しに、この一枚が大活躍することでしょう。

日射しから皮膚を守ると共に、汗を拭いても大丈夫です。


混紡糸で仕上げていますので、洗濯も大丈夫です。一層、生地が柔らかくなり、使い心地がよくなることでしょう。

洗濯は優しく手洗いをしていただき、仕上げにアイロンをあててお使いいただきますと、汗が拭けるという実用性に加え、おしゃれもお楽しみいただけます。



スポンサーリンク

emichanblogでは、物づくりの楽しさを提案しています。

でも、物づくりをしていると、作品が手元に残って溜まっていくことになることもあります。

物づくり自体が、自分で使う楽しさや家族や知人に使ってもらう楽しさがあります。

でも、さらに楽しくなるのが、作品を販売できたときです。

自分でお店を構えるのは大変ですが、通販サイトを利用すれば、安心して販売できますので、紹介します。

ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

-ショール, 手織り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

透かし織り模様の夏用ショールの作り方2

オーガニックコットンで透かし織り模様の夏用ショールを作ってみる スポンサーリンク  今、楽天市場のスーパーSALEがお買得!! 楽天市場 特集ページ>20210604 スーパーSALE:毛糸・手芸・コ …

グレンチェック柄のマフラーの作り方

マフラーと一言で表現しても、素材や技法など多種類に分けることが出来ます。 それでも、出来上がってみれば、首回りを暖かくし、おしゃれにもしてくれます。 どのように制作したものであっても、その機能は私たち …

最低費用で手織りを始める方法 

暮らしを豊かにするインテリアや雑貨SHOP【Hinata Life】 ご紹介、手織り初心者におすすめサイト 毛糸が開発され、豊富な品揃えになりました。織りの技術が奥深く、なかなかその域に達するのが困難 …